我流生活

思った事や日常の事を書いてます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

俺が会社で働き、辞めるまでの話2 

http://jiai.blog106.fc2.com/blog-entry-1316.html

こちらの記事の続きです




とまぁ4月21日から元いた支店での勤務になりましたわ

その日の移動は俺だけではなく全店の鮮魚部門のほとんどの人が移動になったらしく

その店に元からいた鮮魚の社員は0でした

一応パートは元からいた2人がいました

誰が何をするとかの役割とかも分からず

俺もまだ2年目で包丁捌きもさっぱりで

そういった不慣れなことや要領が分からなくて終わるのが8時とかでした




あんまり関係ないけど一応メンバー紹介


◇チーフ
  面倒くさがりだが仕事できる人 キャリア5~7年ぐらいだと思う

◇サブチーフ
  本店で俺を引き止めた人、キャリア15年ぐらい

◇俺
  キャリア1年の若手、後2ヶ月で仕事辞める

◇じっちゃん
  仕事が雑で遅いけどいい人、キャリア10年以上はあると思う

◇新人君
  3月20日に入社した、俺とは同い年


俺から見て上から仕事が出来る順になっております

俺までが仕事できる人って感じでじっちゃんはよくやらかしてました

これとあとパートが2人いました




5月21日

移動してから1ヶ月が過ぎた

このころからは仕事に慣れ始め、新人君の動きもマシにはなってきた

おかげで仕事が6時とかには終われるようになった

それでも7時出勤、昼休憩1時間で計10時間労働

常に全力で仕事してそれだからやっぱりしんどかった

それでも仕事で言いたいことを意見できたりしてやりやすい環境ではあった

すべてはチーフ、サブチーフの人柄かな




さて

ここからが本題

俺が最も書き残したいと思った出来事




6月20日

あー明日からニートかー

20日締めなのでこの日は店の社員が集まり店長からの報告がある

時間は大体午後8時

今月もお疲れ様、来月も頑張りましょう的な感じ

そこで俺が辞めることについてはノータッチ

話が終わり、解散した後にレジの子が俺に駆け寄ってきて

レジ「今日で仕事終わりですよね?」

俺「そだよ~」

店長「俺はそんな話しらんぞ(怒」

俺「辞めるっていってたじゃないですか(怒」

店長「まぁまぁ落ち着け(低姿勢」

話の始まりはこんな感じ




店長、本部に電話で話を聞く

その結果やはり俺は辞めるで間違いないらしい

そしてチーフ、サブチーフ、店長、俺の4人で話すことになった

まずは店長が残ってくれないか

俺は拒む

店長がチーフに振る

チーフは辞めるのは仕方のないことだと言う

店長は俺に辞める理由を聞く

俺はやりたいことが出来ない、時間がないからと答える

すると店長、パートでもバイトでもいいから残ってくれ

それに対し辞める気でいたのでそういった気持ちになれないと答える

後10日でもいいから残ってくれと頼まれる

俺も翌日が忙しい日なのは知っている

だがさすがに10日は俺のモチベーションが持たない

悩んだ挙句、5日だけならと答えた

この時点で自分としては辞めると決めていた日に辞めれない

今回で2度目、自分で決めたことに嘘をついた、俺が辞めると言った人に嘘を付いた

その自分の行為が許せず、どうしようもなく、俺は泣きそうでした




店長は再び、本部に電話をかけにいった

そのとき、チーフとサブチーフはこの日(6月20日)で辞めてもいいと言ってくれた

俺は店長と後5日続けると約束したので続けると答えた

こうして6月25日まで仕事が延びた

そして俺も帰る支度をしている最中

店長に呼ばれた

どうやら退職届を書いて来いとのこと

俺は過去に退職届を出しているのにそれはどういうことだと問う

本部の方でそれが見つからなかったそうだ

それを聞いた俺は半ギレ

はぁ?本部は糞かよおい

ありえんのちゃうんかおい糞が

こんなことをその場で店長に言った気がする

店長は俺の怒りを抑えようとする

まぁ俺もすぐに落ち着きを取り戻した




そして再び帰る支度をする

周りに誰もいなかった

そこで抑えてた怒り爆発

ダンボールを20回ぐらい蹴った

一時的発散

帰る途中に更に怒り爆発

電柱に八つ当たり

こぶしから血が出た、計7箇所

とりあえずその日はそんな感じで終わった




翌日6月21日

いつも通り仕事が始まる

まぁ俺はやる気がでないんだわ

適当にやることそれなりにやっておしまいだった

別に早くやって早く帰ろうとかどうでもよかった

とりあえず自分のペースでやったら仕事が糞楽だった

けど糞つまらなかった

結局仕事が終わったのは午後7時ぐらいだった




翌日6月22日

気持ちが晴れない

仮に5日間仕事して会社辞めても気が晴れない

このイライラどうしたらいいものか

考えた結果

有給使い切って辞める

そんな俺らしくない小汚いことせずに辞めたかったけど

そうでもしなければ俺の気が治まらない

仕事が終わり一旦家に帰る

有給について軽くwikiで調べる

過去に辞める前に有給を使ったが、日数をごまかされた人がいたらしい

法律上どんなに少なく見ても4日は残っているのが分かった

そして手ぶらで会社の本部へ向かう




本部に入り一言

「誰か話聞いてくれる人いませんかね」

俺の嫌いな本部長が立ち上がりこちらへ向かってくる

客用っぽい場所がありそこで話すことに

俺は手短に有給の日数を聞いた

人事に聞かないと分からないと言われた

でも20日ぐらいは有給があると答えた

話し合いの結果

詳しい有給日数は明日に店長に伝えるので店長が教えてくれることに




本部から出て帰ろうとしたら同期の仲のいいやつがいた

そいつに連れられ2人で飯を食いに行くことになった

話が盛り上がり2時間ぐらい話してた

するとそいつの携帯に会社の人から電話がかかってきて

俺と一緒にいるかと聞かれたらしい

このとき俺は携帯を家におきっぱで親が心配して会社に電話したみたいだ

普段はそんなことないけど、俺も最近いろいろあって相当心配していたらしい

それを聞いた俺は急いで家に帰った

心配してたとか知らないその時の俺はキレた

俺の問題に口出しするんじゃねーよと

親もキレた

心配したらいかんのかと

別に心配していただけで俺の代わりに会社と話をしようってわけではなかったみたい

まぁとりあえずすぐに仲直りはしたが4発ぐらい殴られた

親に殴られるのは初めてかもしれない

とりあえずその日は終わった




翌日6月23日

まぁいつも通りやる気もなくほどほどにやってた

午後3時ごろ

「店長みかけませんね」とサブチーフに一言

すると店長は昼で帰ったとか

本部これはどう説明すんだよおい

とか思って少し不機嫌になったところにサブチーフが一言

「そういえば有給の話聞いたぞ」

「あと1日あるらしい」

それ聞いた瞬間、俺半ギレ

まぁまだそこは予想してたわ

けどそこから仕事が終わる6時までもう最悪

最後の方は怒る気も失せて無気力だったわ

後で新人君に話を聞いたらそのときの俺があまりにも怒ってて話かけづらかったとか




とりあえず仕事が終わり今日も本部へ行くことにした

本部まで行く間に何を言うてやろうか考えていたら次第に腹が立ってきた^^

会社に付いたころには爆発寸前状態だった

本部のとなりに休憩所がありそこに本部長がいた

俺はやつに近づき話かけた




注意:この先、俺のキャラ崩壊があります

※発言は完全に覚えていませんが8割方あってると思います

俺 「ちょっといいですか」

本部長 「はい」

俺 「昨日有給が20日ぐらいあると言ったのに1日しかなかったのはどういうことですか」

本部長 「それは人事の人に聞かないと分かりませんね」

俺 「そうですか、まぁそこはいいです」

俺 「では何で僕が有給を使うか分かりますか」

本部長 「辞める前に使った方がお金が入るからですかね」

俺 「いや、そうじゃないです」

俺 「じゃあ何で6月20日で辞めるときは使わなかったと思いますか?」

本部長 「分かりません」

俺 「僕は6月20日に後腐れなく辞めようと思ってたんです」

俺 「だから有給使うとかそんな小汚いことせずに辞めようと思ったんですよ」

俺 「それが延ばされて6月25日になった」

俺 「これで僕が有給使う理由が分かりましたか?」

------ここまで怒り気味口調-----

本部長 「分かりません」

------怒りのリミッター解除------

俺 「え、ここまで言っても分からないんですか?????」

俺 「ちゃんと話聞いてました???」

俺 「6月20日に辞められなくて怒ってるんですよ」

俺 「有給ぐらい使わないと気が治まらないですよ」

俺 「それで昨日は20日ぐらいあるとかいいながら1日しかないとか言われて」

俺 「今俺が怒ってるのが分からないんですか?????」

本部長 「君が怒っているのは分かったが有給は人事に聞かないと分からない」

俺 「じゃあそいつ呼べや」

そう言うとやつは本部の中に入っていった

数分後

本部長 「ちょっと中で話そうか」

本部の中で話すことになった




本部に入り、人事のナンバー2が加わり3人で話すことになった

人事 「これが君の有給について調べた紙です」

人事 「4月に9日使ってます」

人事 「元ある有給が10日なので残りは1日です」

俺 「俺4月に12日しか休んでないんですけど」

俺 「有給で9日使ったら既存の休日が3日になるんじゃないですか」

俺 「それおかしくないですか」

※公休は毎月6日ある

これで計算したら4月は公休が3日になってしまう=おかしい

人事 「じゃあ後で調べておきます」

ここらで本部長が何か言った気がする

何を言ったか覚えてないがそれに対して

俺 「それさっきも言いましたよね?」

俺 「人の話ちゃんと聞いてますか?」

俺 「何度も同じこと言わんとってください」

それに対して人事

人事 「ちょっと言葉遣い気をつけたほうがいいですよ」

俺 「はぁ?」

俺 「俺怒っとんやぞ」
(机を強打しながら)

俺 「今俺がどんな気持ちでここにおるんか分かっとんか」



沈黙



俺 「いや実際のところ有給なんてどうでもいいんですよ」

俺 「あんたにはさっき言ったと思いますがちょっと説明しますね(人事に」

俺 「ここの時点で本来辞める予定だったんですよ(紙の3月の文字を指しながら)」

俺 「それがいろいろあって新人の研修期間が終わるまで延びたんですよ(6月20日

俺 「それで6月20日、辞めようと思ったが知らない、更には退職届も見つからない」

人事 「退職届の方はこちらは知りませんよ」

俺 「いや2月に出しとるからな???」

人事 「本部の方にはありませんでしたよ?」

俺 「それはそっちの不手際ちゃうんか???」

俺 「俺は出したで?」

人事 「誰に出したんですか?」

俺 「本店の店長」

人事 「じゃあどこで止まっているのかもしれませんね」

(責任のなすりつけとかどうでもいいし、会長出てくるぐらいだからしっとるだろはげ)

俺 「とりあえずここで辞めれない、またここでも辞めれない(紙の3月、6月指しながら)」

俺 「周りに辞めると言っておいて辞めれない」

俺 「俺の信用に傷が付いた上に自分で決めていたことも守れなかった」

俺 「しかもそちらの不手際が原因で」

俺 「だから有給はその怒りを少しでも静めるためであってな」

俺 「俺は気持ちよく辞めさせてくれればいいってことが言いたいの」

人事本部長が紙を見ながら話す

人事 「とりあえず有給が4日なのは調べたらすぐ訂正できると思います」

俺 「いやな、有給とか別になくてもいいんよ(紙を半分に折りながら)」

俺 「そんなん別に有給4日くれたって別に俺の気持ちが晴れるわけじゃないからな?」

人事 「じゃあどうすればいいんですか」

俺 「いや、別に何かしろとか強要はしないよ、そこはあなた方が考えてください」

俺 「それによってはこちらもしかるべき行動をとるだけなので」



沈黙



俺 「会長呼んで」

俺 「あなたたちじゃ話にならない」

人事 「会長呼んで土下座でもしてもらえば満足ですか?」

俺 「俺は別にそんなこと言っとらんよ」

俺 「それはあんたの勝手な解釈とちゃうん?」

俺 「会長が土下座すれば俺の気が済むとでも思ってんの?」



沈黙



俺 「会長は情に厚いってよく聞くんやけど」

俺 「だったら俺の話を聞けばそれなりの対応はするんとちゃうん?」

本部長 「会長は呼べませんね・・・」

俺 「なんで呼べんのや」

本部長 「会長は業務の方には携わっていないので・・・」

俺 「これって業務なんか?」

本部長 「業務です」

俺 「人と人がただ話すことが業務なんか」

本部長 「とにかく会長は呼べません」

俺 「じゃああんたらでどうにかできるんか?」

この辺で本部長が全く関係のないことを言ってくる

俺 「今それ関係ないんとちゃうんか」

俺 「なんやその目は」

俺 「人舐めとんのかおい」



沈黙



テーブルの真ん中にあった菓子を取って食う俺



沈黙



ここらで怒る気が失せていく

壁に貼ってあった文字を読む俺

俺 「仕事は辛いと思えば辛い、楽しいと思えば楽しい」

そこから後は意味のない話をグダグダと2人に吹っかけてた

途中で2人が軽く頭を下げ謝罪もしてきた

最終的に人事が今後の説明をして

とりあえず明日、有給についての日数を伝えてくれることになっておしまい

まぁその程度で許す俺も甘いわな

とりあえず嫌いな本部長に怒鳴れてスッキリできたわ

ちなみに本部に社長もいたらしく、大声で怒鳴っていたから全部聞かれていたと思う

やつらも社長に説明する手間が省けてよかったな




6月24日

この日は気分よく仕事ができた

午前中に本部から電話がかかってきた

内容は有給についての話

休憩時間はいつ?それにあわせてそちらに行きますと言われた

でも予定より3時間早く来た

俺の休憩時間が削れるからその辺を考慮したんだろうな

んで店長もついてきて3人で話すことに

有給の話はすぐに片付き、本部の人は帰っていった

こんな話でわざわざ本部から来るとかありえない会社

昨日のことがあったから向こうも低姿勢なんだろうな

とりあえず有給は4日だった(どうでもいい)

ここから店長と2人きり

店長とは仲がいい方だ

この機会にすべて話すことにした




とりあえず3月20日で辞めるはずが延びたところから

6月20日の俺の心境

一昨日、俺の親が店長にも電話したらしく、それについても

そして昨日、俺が本部で怒鳴り散らしたことも

すべて説明が終わり、店長も教えてくれた

6月20日に俺が辞めること

サブチーフからちらっと聞いた程度で本部からは何も連絡がなかった

いつ辞めるのか、本当に辞めるかの確認がしたかったが

過去にそれをして辞めてほしいのかと勘違いされ問題になり、俺に聞けなかったそうだ

店長も店長で何も聞かされてなくて怒っていたらしい

簡単にまとめるとこんな感じ




6月25日

店長に退職届(願)を出す

仕事も終わり同じ部門の人間に挨拶する

チーフ、じっちゃん、新人君

そして解散




家に帰ってから休みだったサブチーフに電話

どうやら俺が本部で怒鳴り散らした情報が入ってるらしい

俺を否定する感じで話をしていたので

俺は何も間違っていないと主張した

本部の人間から聞いた話だから俺が悪者扱いに決まってるでしょ?

実際その場にいた人にしか分かりませんよ

そう言った

また今度飯でも食いに行こうと誘われ、いつでもどうぞと答えた




次に仲の良かった同期2人に電話で報告

1人は全く知らなかったらしい

まぁ辞めることを伝えたかったのでそれだけ

いつか飯でも食いに行こうってなって終わり




そして6月25日が終わった




そして有給を使い切り6月29日を最後に会社を辞めました




おまけ

父親が会社に電話した内容

初めに本店の副店長が電話に出たらしい

父 「○○の親や」

父 「社長、会長の電話教えろ」

副 「分かりません」

父 「お前は社長、会長の電話番号も知らんと仕事しとんのか」

父 「つまらん会社やの」

次に俺の働いてる店の店長に電話をかけたらしい

2日続けて親子揃って会社にひどいこと言っててわろたww




文章では俺の気持ちがあまり表現できないのが残念です

この程度かよと思う人もいるかもしれません

当事者でなければ分からないことかもしれませんね

スポンサーサイト
[ 2014/06/27 17:01 ] リア日記 | TB(0) | CM(5)

俺が会社で働き、辞めるまでの話 

先に言っておきます、この記事はとてつもなく長くなると思います




俺は専門学校を卒業し、スーパーで働くことになりました

理由は本社がチャリで5分の場所で通勤とか楽そうだったのが1番

入社日は3月21日で理由は20日締めだから

しかし配属先は本店じゃなくて「まじかよ・・・」ってなりました

部門は鮮魚で「まじかよ・・・」ってなりました




そして入社初日からいろいろと入る前と条件と違っていました

休憩時間が本来2時間のところ1時間しかない

10時間拘束8時間労働のはずだが9時間以上働いている

でも疲れたのは初日だけでそれにも徐々に慣れていきました




そして研修期間が終わりました

そこからは朝は7時、昼休憩が1時間あって、夜終わるのが8時や9時

12時間労働があたりまえになってました

言うならば作業が終わらなければ帰れない

途中で一休みとか手を抜いたりはなし

残業するならタイムカード押してからでした

話しがそれますがそのころはCSOが楽しみで疲れていても呼ばれたら参加していました

趣味と仕事を両立させた結果、睡眠時間が削られました

自転車で半寝の状態で壁にぶつかったり、こけたりしました(俺が悪い)

まぁこんな感じの会社に勤めていました




そして8月9月ぐらいに転勤がありました

転勤がある前に上司に

「辞めたいけどここにいる間は続けようと思います」 「1年間は続けます」

みたいなことを言ったと思う

なのでそこで辞めようかと思ったけどそれを聞いたのが転勤2日前

そんなこと考えさせてくれる間もなく転勤になりました




移動先は本店でした

通勤時間は短くなって楽だったけど人間関係がやっかいでした

上の人間は残業するなと言う

だが仕事が終わらなければ帰れない

残業しない為に猛スピードで作業する

しんどい

本店はよく上層部の人間が徘徊します

なので支店みたいにタイムカード押して残業とかはなく

規定の時間に終わらそうと急ぐため空気がぴりぴりしていました

支店での俺の動きは本店では全く話にならないレベルでした

それもあってよく注意されたり何かと言われていました

俺はそれに対してイライラして上司と喧嘩寸前のところまで行きました




11月ごろ

ストレスや疲れや魚に触れるなどなにが原因かは分からないが手荒れがひどかった

指先に力が入らず、物をつまむことができなかった

そのときは辞めようと思った

だが当たり前のように止められ

病院とかなんでも出来ることを試すように促された

その結果、手荒れはよくなったが指先の力は回復しなかった

とりあえず仕事は続けた

指に力が入らないから作業は普通の人から見て遅かったと思う

それでもまぁ頑張ってやってましたわ




年末年始

発注でやらかした

上司が多めに取れと言っていたので普段の倍の量をとった

そのとき具体的な量を聞いたがはっきりと答えてくれなかった

すると後で足りなくなって4倍は取らないとダメだろとか言われた

そんなん新人で年末年始とか経験したことないのに分からんだろ

まぁ結局は何とかなったがいい気はしなかった

そしてそいつは会社でも嫌われ者の類らしい




1月下旬

3月20日で入社1年が経つ

さすがに2年間もここで働きたくないし区切りがいいので

その日で辞めようと思い退職願を書いた

チーフにそれを渡そうとしたが断られた

4度頼んで4度断られた

仕方がないのでバイヤーに渡そうとしたが断られた

仕方がないので社長に直接渡そうと思い本部に入ると中にいたバイヤーに止められた

そこでバイヤーが一言「店長に渡せばいい」

なのでその後すぐに店長に渡しに行った

そして渡そうとしたら30分ほど引きとめられたあげくようやく渡せた

それがたしか2月中旬ぐらいだった




3月

この頃には本店での人間関係にも慣れ

ある程度楽しく仕事ができ、指の力も回復し作業速度も相当速くなっていました

会社から見たら俺は使える人材だったと思います

あと少しで辞めれる・・・

そう思っていた時です

本部長から話があると言われ本部へ

そこで俺を引きとる為1時間ほど話をしやがりました

その内容を簡単に説明すると

別に人は足りている、いつでも辞めてくれて構わない

お前は未熟だから他の会社では通用しない、この会社に置いてやってるんだぞ

まぁこんな感じなことを1時間も言われっぱなしで

それから本部長とか言う屑のことは嫌いになった




それから数日後

会長が俺の伯父に引き止めるように電話で促したらしく

伯父から父へ、父から俺へとその話が来た

そして俺は話があるなら直接来いと会長に伝えるように頼んだ

そこからうまく会長に伝わったかは知らんけど

俺の前に頻繁に現れるようになった

そして俺と同じ作業場の人間(約4人)が会長に呼び出された

内容的におれ以外の人には多分関係ない話だった

俺に対して間接的に仕事辞めないほうがいいぞ 的なことを言ってた

そして言いたいこと言うだけ言っておしまいって感じだった




3月20日

明日からニート

やっと開放される

仕事も普段通り順調に終わり

午後6時

後数時間で終わるのか・・・

って時にチーフに呼び出された

最後の最後そこで引きとめられました

その内容

今鮮魚は人が足りていないんだ

明日から新人が入ってくるけど即戦力にはならないと思う

研修期間の間だけは残ってくれないか

本部長とは言ってることが間逆

そして俺はチーフとは仲がいい方だ

なので俺はそこで折れてしまい続けることになった

しかしそこで俺は条件を言う

1. 転勤はしない

2. 新しい仕事をさせない

3. 辞めた後の予定が入っていたので休暇をもらう

4. 研修期間が終わる6月20日で辞める

まぁそういうことで続けることになった




3月下旬

とりあえず予定していた休暇をもらい9連休

条件を1つクリア

4月

連休が終わり仕事に戻ると新人が3人いた

今年からは新人に優しくするらしく俺の時みたいな残業とか休憩1時間とかはなかった

んで今まで俺がやっていたことを新人がやるので自然と新しいことをやらされた

これは仕方のないことかもしれないので何も言わなかった

去年の俺は説明不足や不慣れでいろいろ苦労したので

新人達にはそういう思いをしてもらわないように精一杯教えた

他の人は出来なくて当たり前のことをきつく当たっていたりしてた

まぁその3人のことを俺が評価すると

中の中 下の中 下の中

なので教えるのも骨が折れた

それでも上司という立場を経験できてよかったのかもしれない

そんなこんなで1ヶ月が過ぎ

4月21日

初めにいた支店に移動することになった



続きは今度別の記事で

[ 2014/06/26 14:04 ] リア日記 | TB(0) | CM(2)

さーて 

まぁいろいろありましたわ

結局6/20で辞めれなかった

けど6/25で辞めれるようになった

その5日間延ばしたことを今頃会社側は後悔してるだろうな

と、思うことをやってやりました

暇なときに今までのことをブログにまとめて書く予定

[ 2014/06/24 21:24 ] リア日記 | TB(0) | CM(0)

komeheeeeeeeen 

ou

ニートになったら更新するわ^^

[ 2014/06/07 00:06 ] リア日記 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

しあーず

Author:しあーず
社会人
FPS歴約4年

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。